吾輩は20卒である。

20卒のサラリーマンです。日々のこと、読書のこと、創作活動のこと等をつらつらと書きます。みなさんに楽しんでいただけるよな記事を書けるようになりたい。

僕がAV男優を羨ましいと思わなくなった理由

AV男優がすげぇって思った話をする。本当にすげぇ。

○○さんが気になる人はヒントを最後に乗せているから検索してみてくれ……

 

 

確かあれは、19か20のころだったと思うけど、当時裏バイトみたいなのを一時期だけやってて、人生のレールから外れたがってた時期があって、誰にでもあるじゃない。そんなの。ラブファントムを聞き狂っていた時期とも重なるから、たぶんB'zの音楽は脳を壊す薬。

 

んで、なんか、細マッチョだったんすよ。僕。19~20くらいの時。んで、ルードモデルとかやってたんですよ。時給5000円。学生にしてはいいじゃあないですか。だっての普通男子大学生がバイトしても、どうせ居酒屋で死ぬほど社員に働かされて、けつ蹴られて、挙句飲食のバイトに必ず一人だけはいる純情でかわいい大学はいって初めてのバイトがここ、みたいな女の子がチャラ男と付き合って髪の毛が偏差値30の色に染められているのを黙ってみるしかないじゃないですか。

 

で、そのヌーディモデルをやっていた繋がりで、結構いい値段でオファーが来たんですよ。男優の。

てか、なんかそういうことやってたら、男優を仲介して金とる人と知り合いになって、で、その人から回してもらったんですけど、よかったんですよ。お金。1日、4時間の拘束で2万くらいだったかな。

 

ーーちなみに、お相手の方がこちらになりまして、こちらの方をプロ一人、し

素人3人で攻める内容になります。

 

ってメッセージとともに、写真送られてきたんですよ。

 

マジTINKO爆発しました。MTB

可愛いいいいいいいいいいいいい。やばい。マジ芸能人。当時童貞で、付き合った人数一人(2ヵ月、キスしかしてない)自分にとって見る劇薬だった。当時は僕がバキバキ童貞、通称バキ童だったからかもしれないけど、まっじで美人だった。

 

芸能人で例えるなら、新川優愛

というか新川優愛以外の何物でもなかった。

 

ーーライン♪

送られてきた写真にドーパミンセロトニンがドバドバ出ている僕のケータイに送られてきたわ仲介人からのメッセージ。

 

ーーちなみに、この方はニューハーフになりますが、大丈夫ですか?○○○抜きなら

5000円。○○なら2万円です。

 

えtっつっつ。え、なんて? え、なんて?

一瞬で脳がキャパオーバーになった。えっ、新川さん、TINKO持ちなの? 新川についてるの? それに○○するの。えっつrっつえええ?

 

ーーまぁ、当日、現場の空気でどこまでやるか決めて、後で報告してください。

 

おおhっふ、おう。え? 当時? 現場? 空気? えっ、えっつ?

えーでも、human immunodeficiency virusesまじで怖いからな。どうしよう……とりあえず、グーグル先生に来てみて……と。

なんだって? サルなどの動物でも同性愛の傾向がみられるのかフーム、フーム……

 

 

 

 

~~~~~~(当日)~~~~~~~~~~~~~~~~~

東長崎のスタジオだった気がする。

マジで民家だった。古民家。

入ると、どう見てもまともに人生を歩いていないおじさんに部屋に通される。顔にタトゥーって、ラッパーでも相当躊躇するやつぞ?

 

スタジオに入ると、たまにテレビのひきの絵で見るみたいなカメラとかあの、つくしみたいな形をした音声さんのやつとかがあって、それに圧倒されていた。

で、控室の部屋に通される。

 

あ、今日はヨロしく。

声をかけてくれたのはジャイアン似のにーちゃん。日体大の学生らしい。もう一人は、元ホストのフリーターと言っていた。今はジムのインストラクターをやっているらしい。

全員、ガタイがよかった。全員前腕が太い。

待っていると、今日のプロ男優という○○が現れた。

 

「あっ、うっす……」

 

○○さん。すげーイケメン。そして背も高くこれまたガタイもいい。オーラがすごい。歴戦の戦闘(SE○)から放たれるオーラが。イメージ、藍染惣右介(オールバックのやつ)が、ふすま開けて入ってきた感じ。

sそのまま、○○さんは小膝を立てて座り、壁に背を付けて仮眠を取り始めた。かっっこええ……その姿はまさに切りあいに望む武士。俺ら素人は新川はワッショイできる喜びでニヤニヤが止まらないというのに。でも、その時はまだ知らなかった。○○さんが武士になっていた理由を……

 

「じゃあ、男優さんたち、シャワー浴びてきて~~~~」

顔タトゥーのおやじさんが言った。この人は言い方が優しいんだけど、いかんせん顔と目が怖すぎる。ちょっと油断するとコンクリートでぶん殴られそう。

で、エニタイムフィットネスにあるみたいな、電話ボックスみたいなシャワーを浴びて待機していた。一番最後に入った○○さんが、上半身裸で出てきたときにほわぁってなった。男だけど。かっこよ。

 

「あ、じゃあもう始まるから、早く早く」

そうして、半裸で整列させられるマッチョたち四人。真っ黒なスタジオ。期待が隠せない素人3人。武士を貫くプロ一人。

 

「新川さん入りま~~す」

可愛いスタイリストに連れられて入ってきた新川に、素人3人は息をのんだ……

 

はっ? えぇ…… だっ誰?

みんな「君の名は」になってた。きみの……なまえは……?

もう写真詐欺とか、そういうレベルじゃない。男。もう、全然男。フツーに男が女装してるやつ。ってか、女装にそもそも向いてないやつ。男感がすごい。男が女装している感がすごい。まだ和牛の川西さんの女性コントのほうが可愛い。

 

「新川で~~~す。よろしくお願いしま~~~す」

何その酒枯れ声。ノラミャーコに振られて一日中泣いたドラえもんなの……?

素人3人の期待と息子たちはしおしおとしぼんでいくのが分かった。

 

そして始まったわ撮影という名の地獄。いやもう地獄。ただただ地獄。

3人とも、全然立たない。マジで立たない。もう息子がすぐ寝る。ネイマールくらいすぐ寝る。

そのたびにこだまする監督のカット。

笑顔で頑張ってと言っていた顔タトゥーの顔が、だんだん真顔になっていく。いやシンプルにこええよ。イメージ、アウトレイジの小日向 文世さんみたいな怖さ。静の怖さ。余計立たなくなるわ。

一人奮闘している日体大の人にコツを聞くと、

「あれを見ろ」

彼のさす指の先には、新川のスタイリストがいた。この現場、唯一の女だ。そこそこかわいい。

たびたびの中断をはさんで繰り広げられる地獄。新川(♂)の体もどんどん○○の手によってはがされていく。もう、マグロの解体ショーを見ているようでした。

そして、満を持して新川の下がはがされた時……

 

ボロンっ。

そこにあったのは、その現場で脱いでいる誰よりも立派なそれ。

おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。

お前っ、一番男じゃないか! お前ええ。

取れたてのナマコのような太さと色、そしてその長さに素人3人はギャン萎え。

せめて○○さんよりは小さくあってくれ……

とか思っていると、

 

 

○○「なんだぁ……こんなに立派なの隠してやがったのかぁ……(ニヤリ)」

 

素人3人。驚愕。ぷろやぁ。この人はほんまもんのプロやでぇ。ちなみに、この場面。裸5人のうちギャン立ちが二人。○○さんと、新川。

 

そんで、○○さんが新川(♂)をチワワでも愛でるようにごろりごろりと転がしていく。転がす裸のマッチョイケメン。転がされる細マッチョの新川(♂、キョコン)……ほんでなんでお前もちょっと細マッチョやねん! 新川は脱いだら結構細マッチョだった。ダルビッシュ有のヌード写真くらいの筋肉はあった。

 

母さん……東京には僕の知らない地獄がありました……

 

地獄は進む。迎えるはクライマックス。

みぐるみを全部はがされたキョコンの男が寝転がって股をMの字に開いている。それを見るめるマッチョ4人。内訳は↑↓↓↓。

 

○○さん「ほらぁお前ら、こいつをどうしちまおうかなぁ.....?」

↓↓↓の素人3人。

 

○○さん「おいい、入れたいやつからいっていいぞぉ、どうするぅ……?」

 

アニキ……そうは言ってもアニキぃ……

俺ら、たっ、立ってないんだよぉ……

 

○○さん「どうするぅ……誰が行くぅ……」

 

アニキぃ……ごめんよぉ……

ここら辺が今すぐ帰りたいくらいの空気だった。

 

○○さん「誰もいかないならぁ……俺が頂くぜぇ……」

 

アニキぃ……!

そこからは素早かった。ひょいと新川(♂)の股を広げると、そこにある*(アスタリスク)にアニキの↑はぶち込まれた。

わかったよぉアニキぃ……!【(奴に)いれるっ……】と心の中で思ったのなら・・・その瞬間、既に! 挿入(こうどう)は終わっているんだね!

 

「 あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ」

入れられた快感? 痛みで叫びだす新川(♂)。大蛇丸の断末魔みたいな声でした。声帯にくじらさんでも飼ってる? 卍解して金色脚削地蔵が出てきそうなんだが。

 

ここからがさらに地獄だった。

アニキはクルクルと体制を変えて新川(♂)を転がして、素人3人の↓↓↓が、囲む。気が付くと、素人は全員新川(♂)のスタイリストさんの方を向いていた。

 

止まない雨はない……どんな地獄もいつかは終わる……

確かに、僕たちを襲った地獄は終わった。

 

「今日はこれくらいねーーー。ごめんねーーー、でも君たちが悪いから」

顔タトゥーに一人3000円ずつ手渡された時、素人3人のうち一人として文句を言うことはできなかった。この時の顔タトゥーの顔はめっちゃ怖かった。マジで逆らったら殺されると思った。

 

素人3人の新川優愛とやれるという欲望を背負った罪をその大きな背中に背負ったアニキはすでにシャワーを浴びていた。

僕はたまたまシャワーから出てきたアニキとすれ違った。アニキは会釈をしてくれた。それで僕は勇気が出た。

「今日はっ……っ本当にすみませんでしたっ……」

「あ、何が?」(真顔)

うわっ、やばっ。余計なことを言ってしまったっ……

「すみませんっ……僕ら(の息子)役に立たなくてっ……っ」

「あぁ、そんなことかっ」

アニキは急に笑顔になった。端正なイケメン顔だから怖さが倍増していて真顔、からのくしゃくしゃ笑顔に胸キュン。僕が少女漫画の主人公だったら100パー落ちてた。

「あれはねぇ、事前にもらってた写真と違いすぎるよね笑笑」

そのあと、二言三言交わした気がするけど覚えていない。ただ最後に、

「この後も撮影あるんだ。あと1件」

てアニキが言ったから

「次はちゃんと女の子ですか?」って聞いたら笑顔で

「うんこ食うんだ」って言ったの覚えている……

 

もう何年も前の話だし(8年くらい前…?)、アニキも覚えていないと思う……

 

そんな○○さんの雄姿が最も見られる2作品は「常に全身ローションだっくだくのご奉仕ぬるぬる爆乳ランジェリーメイド 水卜さくら」と「水泳教室NTR インストラクターの優しさに溺れた妻の衝撃的中出し映像 新川愛七」だからぜひ見てくれ……

「常に全身ローションだっくだくのご奉仕ぬるぬる爆乳ランジェリーメイド 水卜さくら」はアニキがみんな大好きミトちゃんを気持ちよくさせるところは必見だし、「水泳教室NTR インストラクターの優しさに溺れた妻の衝撃的中出し映像 新川愛七」はアニキの横顔アップが映る。かっこいい。二人で抱き合ってるところとか、もうアニキも見るし女優も見るしでヤヴァイ。

 

もうこんないい女とやっていても全然羨ましくないし、何ならたまに見るたびに「アイツも頑張ってんな……」って勝手に元気もらってる。

なんなら最近はアニキとやってる女優の方を羨ましく思う説もある。

 

 

 

うん……

 

 

 

俺AVみすぎだわ。