吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューが主です。作家になりたい大学生。来年から働きます。

【日記】 最終面接と熊野への旅

 

f:id:tunacanprotein:20191114005624j:plain

旅の途中で出会った面白い喫茶店の看板

過去は忘れてください……

 

 

 

 


吾輩は最終面接だったのである。わざわざ大阪まで行って面接を受けてきた。

ずいぶんと背の高い人事担当者に導かれて、吾輩が部屋に入ると、四人の大人がいた。

その中央に、社長がいたのである。

社長にはまず、吾輩の名前の由来について聞かれたよ。名前の由来を答えたら、社長は関心しておった。お母さんありがとう。

その後は自動運転の話、そのあとに社長のありがたいお話……と続いた。社長のありがたいお話の時間は長かった。ガンジーの職業は何か? と聞かれて答えられなかったなぁ。弁護士だったそうだ。

吾輩は聞いたことには的確に答えようとした。でも、社長のお話の時間は長かった。しゃべっている割合でいうと、吾輩:社長=3:7ぐらいだったと思う。

 

 

で、面接が終わって駅についたのが五時くらいだった。

 

大阪から一時間いったくらいの駅が最寄りの駅で、路線図を見ていると終点が和歌山とあった。

 

吾輩はここで大阪と和歌山が隣あっていることを知った。絶望的な地理感覚である。

 

明日は朝からバイトがあるにも関わらず、吾輩は迷わず和歌山行きに乗った。

 

 

そうしたら、ものの30分くらいで和歌山についた。和歌山初上陸である。

 

 

以前、子供に人気のyoutuberが何かの企画で北海道にいくというのを見たが、その動画のコメント欄に「北海道に来てくれてうれしいです!」と書かれているのをみてびっくりしたことがある。

 

すごいなぁ。

 

もはやYoutuberは芸能人、いやそれ以上だ。

 

 

もちろん吾輩はYoutuberではないから、誰もなにも歓迎してくれなかった。

ただイルミネーションと和歌山駅があったよ。

和歌山駅の周りにはイルミネーション以外に何もなかった。

  

 

スーツ一着だけで来たから、革靴のせいで足が痛いんだ。

 

明日は熊野古道に観光にいくから、スーツはまだしも、靴を買っていきたいんである。

 

これから30分あるいて一番ちかい古着屋に行ってこようと思う。

 

 

≪以下旅先の写真≫

 

f:id:tunacanprotein:20191114010231j:plain

面接会場から30分くらいでついた。

f:id:tunacanprotein:20191114010410j:plain

 

f:id:tunacanprotein:20191114010448j:plain

くら寿司の本社にはいけすがあって、魚のロボット⁉ が泳いでいた。写真に写っている赤いのと銀のがロボット。

実際に見ると不気味。

開発者の狂気を感じる……

なぜ魚型ロボットを作ろうと思ったのか……

f:id:tunacanprotein:20191114010646j:plain

安すぎるラブホテル。 

この広告みたときこっち泊まっときゃよかったと思った。

もちろん一人だが。