吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューが主です。作家になりたい大学生。来年から働きます。

小説レビュー『最後の息子』~『悪人』『怒り』で人気の吉田修一のデビュー作にしてテーマはホモ~

 

 

f:id:tunacanprotein:20190924012838j:plain

 

金髪の妻夫木聡が話題になった『悪人』や『怒り』といった映画の原作で知られる吉田修一のデビュー作にして芥川賞候補作の『最後の息子

テーマは同性愛だが、現代の同性愛を生々しく、それでいてどこか爽やかに描いている。

同性愛のというテーマは吉田修一の作品には多くみられるテーマではあるが、そのどれもがリアリティに満ちているため、「吉田修一は実際に同性愛者なのでは?」と言ったうわさもある。

それほど同性愛の心理描写がうまいということだと思う。

 

≪あらすじ≫※ネタばれ含みます。

主人公のぼくが、ビデオを見直すところからシーンが始まる。

ぼくはオカマの閻魔ちゃん(本名は岩倉雅人)のもとでヒモをしている。閻魔ちゃんは二丁目でゲイバーを何軒も経営している、やり手のオカマだ。

この夏、大統領という名前の同性愛者が死んだ。

オカマ狩り、と称する奴らに殴り殺されたのだった。

ぼくはひたすらビデオを回す。大統領が死んでも尚、ビデオを回す。大統領が死んで、20日もたてば、何もなかったかのように生活は続いていく様子も収められている。

ぼくは生産性のあることに従事するわけでもなく、たまの正月に実家の長崎に帰ると、仕事をしているという嘘をすぐに見破られ、近所の子供たちのためのお年玉を親にもらい、そのお年玉から千円札を抜いて渡すような人間だ。

実家に帰った際も、母親に、荷物の中の丁寧に畳まれたシャツから恋人の存在を疑われるが、まさかオカマと暮らしているともぼくは言えるはずもない。

そんな閻魔ちゃんとの自堕落で気楽な日々の中で、ぼくは元恋人である佐和子から連絡を受ける。

彼女は「もうすぐ結婚するの」だという。

「男を頼って生きていれば、女の気持ちもわかってくる」

ぼくは佐和子と会って、彼女の結婚までの日々をタンゴに通ったり、セックスをしたりして過ごす。

そんな中、長崎の実家の母親が、家出をして東京に来ているのだという。

恋人に会いたいというので、ぼくは慌てて閻魔ちゃんの代わりに佐和子に連絡をとり

恋人のふりをしてくれと頼む。

こうしてぼくと元カノで結婚が決まっている佐和子、そしてぼくの母三人の食事が始まる。

食事の終わり際に、母は「笑わないでね……どうしてもオカマにあってみたいのよ」と言う。

ぼくは閻魔ちゃんに電話をかける。ぼくたちの食事に来てくれと。

しかしいくら待っても閻魔ちゃんは来ず、その食事は解散になった。

ぼくが家に帰ると、閻魔ちゃんのメモが置いてあった。

そこには

「(前略)アンタの家が何代続いた旧家だか知らないけど、私はごめんだわ、アンタをアンタの家の最後の息子にする権利も、責任も持てないわ」

とあった。

 

FIN

 

 

最後の息子 (文春文庫)

最後の息子 (文春文庫)

 

 

 

と、こうして書いてみましたが、あらすじを書くことで拾えることよりも、そこからこぼれるところが多い小説です。

たまに来るハッとする台詞、愛嬌を持たせる登場人物の描写、テンポのよい文章は、吉田修一の特徴ですが、デビュー作にして彼の才覚を感じさせます。

ぜひ、一度読んで吉田修一の才能を感じて欲しい。

以下、『最後の息子』の中のお気に入りの台詞。

 

 愛されようとするのは、救いようのない悪気だと思う。p48

 

「俺がエンストした車だとしたら、彼女はブレーキが壊れた車だったんだよ」そう説明してやると、

「止まらない車よりは、動かない車の方が安心して乗れるわ」と閻魔ちゃんは笑っていた。p37

 

自分たちを一番馬鹿にしているのが、自分たちなのだ。p55

 

「あら、矛盾してるから、オカマなのよ」p57

 

彼女はもう、夏休みの宿題を全部終わらしてしまった子供のようだったし、ぼくはぼくで二学期から学校に行く気なんてさらさらなかった。 p67