吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューを軸に好き勝手書きます。作家になりたい大学生。来年から働きます。経済学部、専攻はマーケットデザイン。

芥川賞

2020年度 上半期芥川賞 背高泡立草 ネタバレ  

雑感、簡単なあらすじはこちら↓ www.tunacanprotein.work 【第162回 芥川賞受賞作】背高泡立草 ・あらすじ ・1章【船着き場】 ・二章【雄飛熱】 ・第三章【昼】 ・第四章【芋粥】※時代1945年、終戦直後。 ・第五章【納屋】 ・第六章【無口な帰郷者】 ・第七…

2020年度 上半期芥川賞 背高泡立草 あらすじ 雑感    

ども。 【第162回 芥川賞受賞作】背高泡立草 芥川賞が発表されましたね。 今回は特に芸能人でノミネートされた人がいるわけでもなく。。。 しいて言うなら、最も注目されたのは哲学者の千葉雅也さんでしょうか。 www.tunacanprotein.work 結局、芥川賞の栄冠…

「最高の任務」 乗代雄介 あらすじ

どうも。 クリスマスですね。 聞いた話だと、今年のクリスマスは週のど真ん中に入っているためか、例年よりも盛り上がりに欠けるのだとか。 わたしはクリスマスと言えば、昔のことをよく思い出しますね。 両親が気を聞かせてくれて、起きると枕元にプレゼン…

『デッドライン』 千葉雅也

ども。 今回の芥川賞候補作の中で、もっとも注目されているのは千葉雅也さんではないでしょうか。 哲学者としても活躍している千葉さんの始めての小説が芥川賞にノミネートされましたね。 今回はその、哲学者でもある千葉雅也さんの『デッドライン』について…

木村友祐 『幼な子の聖戦』 あらすじ解説

ども。 2019年下半期の芥川賞候補が発表されましたね。 ちなみに候補作は以下のようになっています。 【候補作】 木村友祐さんの「幼な子の聖戦」、 高尾長良さんの「音に聞く」、 千葉雅也さんの「デッドライン」、 乗代雄介さんの「最高の任務」、 古川真…

小説レビュー『むらさきのスカートの女』~令和初の芥川賞~

令和初の芥川賞を受賞された今村夏子さんの作品です。今村さんの作品はほかに、新興宗教にはまっていく親の元で育つ子供を描いた『星の子』や少し風変りな少女を描いた『こちら、あみこ』のように少し変わった人間を描くのが特徴です。 今村夏子さんは、通常…