吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューを軸に好き勝手書きます。作家になりたい大学生。来年から働きます。経済学部、専攻はマーケットデザイン。

小説レビュー

小説レビュー『パレード』~同じマンションに暮らす、どこか病んでいる五人の若者の心理サスペンス①~

金髪の妻夫木聡が有名な『悪人』や『怒り』などの映画が有名な吉田修一氏の、これまた映画化された作品『パレード』ちなみに主演は藤原竜也でした。 五人の男女がマンションの一室に共同生活をする模様が描かれますが、それぞれの登場人物の造形、光と闇の描…

小説レビュー『最後の息子』~『悪人』『怒り』で人気の吉田修一のデビュー作にしてテーマはホモ~

金髪の妻夫木聡が話題になった『悪人』や『怒り』といった映画の原作で知られる吉田修一のデビュー作にして芥川賞候補作の『最後の息子』 テーマは同性愛だが、現代の同性愛を生々しく、それでいてどこか爽やかに描いている。 同性愛のというテーマは吉田修…

小説レビュー『盤上の夜』 ~碁を題材にした宮内悠介の代表作~

星新一賞https://hoshiaward.nikkei.co.jp/ の締め切りも近いので、SFの短編を読み返してみた。 盤上の夜 (創元SF文庫) 作者: 宮内悠介 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2014/04/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (19件) を見る 『盤上の夜』は…