吾輩は芥川賞を全部読む。

20卒のサラリーマンです。日々のこと、読書のこと、創作活動のこと等をつらつらと書きます。みなさんに楽しんでいただけるよな記事を書けるようになりたい。

小説

『本当の戦争の話をしよう』    訳:村上春樹 著:ティム・オブライエン

昼寝ばかりの大学生活を送ってきました。 吾輩はブタである。 高校生の頃に勤勉すぎた反動か、大学生になって(留学時除く)、平均的な起床時間が13時になった。 地方の高校生で上京を夢見ている人は楽しみにしてほしい。 好きなだけ寝られるよ(^_-)-☆ そんな…

「最高の任務」 乗代雄介 あらすじ

どうも。 クリスマスですね。 聞いた話だと、今年のクリスマスは週のど真ん中に入っているためか、例年よりも盛り上がりに欠けるのだとか。 わたしはクリスマスと言えば、昔のことをよく思い出しますね。 両親が気を聞かせてくれて、起きると枕元にプレゼン…

『デッドライン』 千葉雅也

ども。 今回の芥川賞候補作の中で、もっとも注目されているのは千葉雅也さんではないでしょうか。 哲学者としても活躍している千葉さんの始めての小説が芥川賞にノミネートされましたね。 今回はその、哲学者でもある千葉雅也さんの『デッドライン』について…

木村友祐 『幼な子の聖戦』 あらすじ解説

ども。 2019年下半期の芥川賞候補が発表されましたね。 ちなみに候補作は以下のようになっています。 【候補作】 木村友祐さんの「幼な子の聖戦」、 高尾長良さんの「音に聞く」、 千葉雅也さんの「デッドライン」、 乗代雄介さんの「最高の任務」、 古川真…

慶應経済 TOEIC980 の僕が就活に失敗した理由を語ろうと思う① (小説)

慶應経済 TOEIC980 の僕が就活に失敗した理由を語ろうと思う① (小説) ※名前以外、ノンフィクションです。 // 多くの就活生のために 僕は二十四歳で、そのとき東急東横線の、電車マニアたちからはカエルと呼ばれる緑の車両の座席にすわっていた。そのカエル…