吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューを軸に好き勝手書きます。作家になりたい大学生。来年から働きます。経済学部、専攻はマーケットデザイン。

創作論

すばる12月号 綿矢りさ×佐藤愛子の対談が面白い件

吾輩は蔦屋書店でくすりと笑ったのである。 いや面白い。面白いよ。久しぶりに文章を読んで笑わしてもらった。 今月のすばる12月号の綿矢りさ氏と佐藤愛子氏の対談である。 すばる 2019年 12 月号 [雑誌] 目を引いたのは、「文学修行の今昔」というタイトル…

村上春樹と模倣

群像新人賞に送る原稿の推敲をしているが、あまりにも自分の望む水準に筆力が達していなくて愕然としている。 ここで一つ解説を加えると、群像新人賞とは、純文学の新人賞の一つで、過去にはW村上を輩出したことでも有名である。 その村上のデビュー作、ジャ…