吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューを軸に好き勝手書きます。作家になりたい大学生。来年から働きます。経済学部、専攻はマーケットデザイン。

2019-10-29から1日間の記事一覧

第123回 芥川賞『きれぎれ』 ネタバレ

吾輩は妄想をするのである。今日は、そんな現実と空想の境目が「きれぎれ」な小説、 町田康の『きれぎれ』について書こうと思う。 『きれぎれ』 第123回、平成12年/2000年上半期の芥川賞は町田康の『きれぎれ』と松浦寿輝の『花腐し』が受賞した。 今回は、…