吾輩は芥川賞を全部読む。

読んだ本の書籍レビューを軸に好き勝手書きます。作家になりたい大学生。来年から働きます。経済学部、専攻はマーケットデザイン。

【20卒】5日目

毎日毎日ぼくらは鉄板の……

上で焼かれてはいないが、鉄板の上にいきなり放り投げだされたような理不尽に立ち向かいながら働いている。

 

ぼくがだれかって? 

ツナ缶プロテイン。新卒さ。

体はマッチョ。頭脳は(平均的な)大人。

 

慶應→飲食という世にも奇妙な進路を突き進んでいるのさ。

 

ひとつよしなに。

 

f:id:tunacanprotein:20200407170413p:plain

秋元真夏さん

 

 

 

 

✔5日目

ぼくは困惑している。外出控えよ控えよ、とかの芸能人のだれもかれもが言っているが、相変わらず飲食店はなかなかに繁盛しているそうだ。

 

今日もお客様に振り回されて裏に戻ったら、食器がたまっていた。

仕方なく水に腕を突っ込みながら必死に洗うぼくに、明るい声が話しかけてくる。

 

「亀(仮名)といいます。よろしくお願いいたします!」

 

隣には、マスクをした今時女子が立っていた。

美人だ。そして若い。

 

秋元真夏に似ている。

 

後ろからは、厨房で社員とバイトリーダーが怒鳴りあっている声が聞こえてきた。

 

掃きだめに鶴とはまさにこのこと。

もったいない。

ガールズバーとかキャバクラに行けば、今の三倍の時給は稼げるだろうに。。。

 

そんな下世話なことを考えていたら、お客様の呼び出し音が鳴った。

 

ぼくの店舗ではお会計の際にケータイが必要だ。端末を使って注文内容を確認する。

 

出ていこうとしたときに、端末を持っていないことに気が付いた。

 

「ごめん、ケータイ持ってる?」

真夏さんは、慌てた様子でぼくに渡してくれた。手をしたに添えて。

 

やれやれ。そういうことがしたい年頃なのか。

 

大学一年生とか二年生の時って、そういう子いるよね。

 

「ありがとう」と笑いながら、ぼくはカスどもお客様の元へ向かう。

 

スキップしながら向かったのは、いうまでもない。

 

✔事実

 

「ごめんね、さっきはありがとう。」

 

そういうと、真夏さんはひどく慌てた様子で、首を振っていた。

 

かわいく慌てるのがさまになっているいい子だ。

ぼくが19歳なら恋に落ちていたかもしれない。

 

けれどもぼくはもう25だ。

 

「学生?」

 

とぼくは話しかけた。決して下心があるわけではない。

業務の一環として話さなければいけないだけだ。

 

「あっ……えっとお……」

 

再び慌てた様子。

「あの、今日で高校二年になりました!」

 

はにかんだ笑顔でそういう彼女に、ずっこけそうになった。

 

厨房の足場も濡れていたいし。

 

「……高校二年!?」

 

「はい……」

 

はにかんで笑う真夏さん。

 

自分よりも仕事ができるから気がつかなかった……

 

じぇじぇじぇ、JKかあああああ。

 

「逆に何歳に見えました?」

 

上目使いで話してくる、真夏さん。

 

女子大生だと、うわぁ……と引いてしまうような目つきも高校生と聞くと急にかわいく見えてくる。

 

少し背伸びをして見せる子供がいとおしいように。

 

すまん、彼女よ。ぼくも平均的な日本人男性よろしく、JK大好きロリコンらしい。。。

 

JKのビジネスって、そりゃ日本で成り立つよな。

 

パート長年おじさんの怒号と社員の叫びと、アルバイトリーダーの怒鳴り声が後ろで響く中、

ぼくはマスク越しのJKの目を見ていた。

 

長くは見えない。まぶしい。

あまり長くここにいるんじゃないぞ。

 

「何歳に見えましたって? ぼーっとしてますよ」

 

真夏さんが笑う。いかんいかん。

 

飲食の現場という戦場でぼーっとすることは、死を意味する。

 

お客様という敵兵に撃たれるか、はたまた後ろの従業員に突き刺されるか。

 

「大学生だと思ってた……」

 

「えー、すごく失礼」

 

クスクス彼女が笑った時に、ピンポーンという音がなった。

 

わたしが表にでなければならない合図だ。

 

やれやれ。

 

お客というのは本当に迷惑だ。

 

まったく。

 

「あ、お願いします!」

 

先ほど握られた手はもう洗ってしまったな。

 

そう思いながら、客の元へ向かっていった。

 

 

 

 

 

 

今日もいい日になりますよう。

 

すまん彼女よ。(二回目)

【20卒】4日目


4日目が終わった。
というブログを5日目の勤務に向かいながら書いている。
わたしのついている仕事は休みが不定期なので(現場にいるうちは)明日が休みである。

頑張ろう。。。

とにかく疲れた疲れた疲れた疲れた……笑笑


昨日は社員とバイトの人がギスギスしているのを見た(^-^)/

まあまあ飲食にはありがちかもね。。。

以前Twitterか何かで

「you don't really know the nature of human unless you work in restaurant, retail or supermarket」

(スーパー、飲食、もしくは小売業で働かない限り、人間の本質はわからない)

ていうのみたけど、

ほんとやよね。。。

お客さんって子供が大人になったような人がままいるわ。。。

おっぱいほしい。

今日もいい日になりますよう。

【20卒】 3日目

3日目が終わった。
現場での作業も少し慣れてきたけれども、まだまだ知らないことが多い。
あと、忙しい時は自分の作業をするしかないのが少し悔しい。

もちろんまだわからないことだらけなので、年下の先輩従業員に丸投げ(するしかない)こともある。

悔しいし、情けなくなる。

もっと早くいろいろ作業とか覚えたい。

あと、年下だけれど古参の方が、「○○さん(私)に積極的に話しかけるようにしていこうな!」とか言われてて草。

草というか、ありがたくて花。

だいぶ年下の子に気を使われてしまっている。

とりあえず頑張るしかないのだろう。

疲れて9時間寝た。


今から出勤だ。

今日もいい日になりますよう

【20卒】2日目

吾が輩は2日目である。

 

2日目というか、事実上の初勤務が終わった。

終わったというか、実際はこれを3日目の勤務の道中にかいているから嘘になる。 コンサルやメーカーの友達はまだまだ在宅でオンライン研修らしい。

オンラインにしてさえいれば、みんなカメラもマイクも切っているから、何しててもわからないそうだ。 ……何その天国。

 

ゲームしててもばれないやん笑笑

某メーカーに勤めはじめたOl嬢によると、研修の座学はほとんどの新入社員が寝ていたらしい。

なんやねんそれ笑笑

 

自分の勤め先は、詳しくは言えないのだが、最初は現場に回される。 まー、厳しいらしい。

びくびくしているが初日は別段何もなかった。 声を張るのが苦手だがそうも言ってられないので頑張ろうと思う。

 

まだまだ1日8時間勤務のホワイトである。(完全週休二日制ではないけど………)

 

週休二日制」と「完全週休二日制」の違いはわかるだろうか? やべっ、知らねえ! と思った就活生はいますぐ検索すること! 重要だぞ(^-^)/

現場はストレス貯まるというが、1日8時間労働って、夜割りと時間ある。

 

カラオケに行ってきたので、まだストレスはプラマイ0だ。

 

メンタルブレイクしないか、まじでそれだけが怖い((( ;゚Д゚)))

 

今日もいい日になりますよう

20代 資産運用

吾輩は新卒社員である。本日入社した。

 

ここでは資産運用についてかいていこうと思う。
当方のプロフィールは以下の通り。

 

【ツナ缶プロテイン・プロフィール】
20卒 新入社員
20代 半ば
私大卒
家賃58000円 (現在)

で今のところの口座がこんな感じ。

 

f:id:tunacanprotein:20200401132004j:plain

塾講師としてためた200万の7割くらいを元手に始めた。

140万くらいで、三月初め、コロナが目立った報道のされ方をしてから始めた。

20万くらい増えたのかな。

 

友達に言うと、バイトだけでそんなに貯金できるの!?と言われる。

 

結構できるよ。

 

個人的な体験から言える、大学生のおすすめバイトは以下の通り。

 

www.tunacanprotein.work

 

で、投資実績なのですが、コロナショックで儲けが今のところ………

 

f:id:tunacanprotein:20200401132025j:plain


くらいです。

 

+26万円。

投資初心者でもこれくらい稼げるのだから、コロナショックはやっぱりすごいんでしょう。

 個人的に、日経レバレッジ(株価が上がると価値が上がるやつ)と日経ダブルインバース(株価が下がると価値が上がるやつ)の二つしか売買していません。(まだ)

 

あと、取引は現物のみです。

ロスカット怖すぎるので……

 

個人的な野望としては

30代までには資産を1億にしたい。。。

 

なぜなら1億なら年利6%の株価を1億分かえば、それだけで年収600万だから。

 

ぼちぼち、資産の変動についても書いていけたらとおもう。

 

今日もいい日になりますよう。



 

初出社

してきた。

 

いよいよ社会人になるらしいが、はじめは住むところも変わらないし、なんだか実感がわかない。

実感がわかないけれども、働き始めなくては………

 

めちゃめちゃ働きたい気分でいっぱいだ。

30連勤とかしたい。。

 

コロナの影響で卒業式も入社式もなかった。
こういうのがないと、切り替えができなくて困るね。。。

 

ソニーなんかは4月は働かなくていいらしい。

なあんてホワイト企業*1

 

 

本日は役員面談をしたのだが、めちゃめちゃ緊張した………

 

 

何を話したか覚えてない。
もっともっと勉強しなくては。

 

わたしのゼミの同期たちも、今日から出社していることだろう。

ゼミの仲間の進路はさまざまだった。コンサル、証券、銀行、政府系の銀行、ITコンサル……

 

みんなさまざまな場所で働いている。自分も頑張らなくてと思う。

 

新入社員の苦労とミスとその乗り越え方とかをこのブログで書いていけたらいいな、と今のところは思っている。

 

東京の電車には就活生がいっぱいいたよ。桜も満開だった。

 

新入社員になったみなさん、お互い頑張りませう。

今日もいい日になりますよう。

*1:+_+

長い大学生活の終わり

今日はスバル文学賞新潮新人賞の原稿をポストに投函してきた。

自分でいうのもなんだが、あまり面白くないので箸にも棒にも掛からぬと思う。

 

 

今日で七年続いた大学生活が終わった。

七年。長い年月だ。

小学校一年生は中学二年生になり、中学二年生が大学三年生になる。

そう考えると、とてつもなく長い年月に思えてくる。

 

ともかくわたしは七年も大学生をしていた。その間、いろいろなことがあった。

・オーストラリアにワーキングホリデーに行ったり、

ニュージーランドにもワーキングホリデーに行ったり、

アメリカに留学したり、

・レンタル彼女と付き合ったり、

・中国の方と付き合ったり、

・小説家を志してみたり、

エトセトラ、エトセトラ……

 

とにかくいろいろなことがあった。

が、大学以前の自分と比べて確かに言えることが一つある。

 

これまでの大学生活の中で最も充実し、楽しく、また自由だった。

そして自分の可能性を大いに広げることができた。

 

例えば、中学二年生で不登校になり、英語の成績がひどかった時代のわたしを見ている人にとっては、

 

海外で働き、そしてTOEICでは満点近くの点数を取り、大学をわたしが卒業するなんて思いもよらなかっただろう。

 

だから、これを見ている高校生は(そんな高校生いないと思うが)大学に行くことは選択してほしいなと思う。

 

あくまで、なんの価値もない個人的な意見だが。

 

 

また、会社のことはかけないけれども、これからもぽつぽつと新社会人になった日々をつづっていこうと思う。

 

死ぬほど眠いので、寝ることにする。

 

社会人になって病まないかどうかだけが心配だ。